せせらぎ

新着記事

    施設の特徴

    せせらぎは「グループホーム」と「小規模多機能型施設」が併設されております。
    グループホームとは定員9名で生活する場になり、ご自宅に居るような生活リズムで過ごすことが出来ます。
    小規模多機能施設はお客様のニーズに合わせたご利用方法が選択できます。


    3本の柱から成り立っており「ショートステイ」「デイサービス」「訪問」があり、いつでも同じ顔ぶれの職員がケアに入り安心してご利用頂けます。
    そして、せせらぎは平屋の建物で周囲には畑や近くには小川が流れていて、とても自然が溢れる場所にあり、散歩をすると季節の移り変わりが感じられます。

    台所はオープンキッチンになっており、常に食事の匂いや音が感じられる他、利用者様も一緒に作れるようシンクの高さも低くなっております。リビングにはいつでも休憩ができる和室があり、家庭の延長を心がけた癒しの場になっています。誕生日会や納涼祭など多数のイベントはグループホームと小規模多機能の特色を活かし、合同で行っております。

    オープンキッチン~スタッフ調理中~

    トイレは車椅子でもゆったり入る事ができ、利用者様の身体に合わせて高さの違う2種類の便座をご用意しております。
    入浴室は温泉湯が楽しめるヒノキ風呂とジャグジー風呂・座位タイプのお風呂が選べ、立位が困難の方には車椅子タイプのシャワー椅子もご利用頂けます。また、様々な入浴剤をご用意して、季節毎に香りを楽しみながら入浴して頂いております。

    檜のお風呂


    食事は一般食はもちろん、刻み食やミキサー食にも対応でき、すべて職員の手作りで行っているため、近隣の皆様より頂いた旬の野菜もすぐに調理を行い提供しています。利用者様と職員はいつも一緒に食事をしています。食べ物の好みや呑み込みの状態の把握、日常の出来事を話しながら、楽しく食事をしています。そして、介助が必要な方には介護職員がお手伝いをさせて頂いています。
    天気の良い日には外出をしたり、利用者様の趣味を取り入れたレクリエーションを行うなど、毎日に「張り」があることを心がけています。