ご挨拶

施設長 スタッフから皆様へ

平成30年10月1日より、小規模多機能型居宅介護事業所″ひなぎく″の施設長となりました森田洋子です。

 私は、高齢者・障害者福祉の仕事に従事して21年間、常に『人との出会い』を大切にしてまいりました。

色々な皆様との出会いのなかで、特に『声なき声』のお心を受け止める姿勢、心の底からご利用者の思いを理解し、寄り添う姿勢が大切だと思っております。

人は皆、一人の人間として最期まで輝く星でなければなりません。

 『住み慣れた太田の街で、自分らしく暮らしたい!!』

 それは、ご本人の『思い』であり、ご家族にとっても当たり前の『願い』であると思います。

 ″ひなぎく″は、その当たり前の『思い』と『願い』にお応えし、安心・安全な施設運営と同時に、常に寄り添う介護サービスの提供を心がけてまいります。

 ″ひなぎく″は、ご利用者やご家族の皆様等に信頼していただき、併せて、地域の皆様方のご支援とご理解をいただきながら、地域に根差した施設でありたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。

森田洋子